骨盤矯正のための正しい座り方

骨盤矯正をするために、正しい座り方を把握しておくことも大切です。
それでは、骨盤のゆがみを改善するための座り方とは、どのようなものなのでしょうか。

 

正座する

 

背筋をスっと伸ばして正座しましょう。
正座は、現代ではあまり利用されない座り方ですよね。しかし実は、自然と骨盤が立つ姿勢になるため、一番腰に負担がかからない座り方です。
背筋が真っ直ぐになると、上半身の形ガ綺麗に整います。
上半身が綺麗で正しい態勢になれば、そもそも骨盤が歪むようなことは出てこないのです。

 

背中はS字型にする

 

背筋を伸ばすといっても、単純に背筋を伸ばそうとすると、普通の人はマッチ棒のように
ピン!とし過ぎてしまいます。しかしこれは間違った伸ばし方で、反対に骨盤が反り過ぎてよくありません。
それならどうしたらいいのかというと、横から見た時に、マッチ棒のようにツンと棒のようにするのではなく、S字のように、緩やかなカーブになっている姿が望まれます。

 

このS字ラインを意識しているだけでも違います。

 

座る時はかかとをつけて、腰だけで立っているようなイメージを想像してくださいね。
座るだけでも骨盤のゆがみがとれて、腰痛がある人も、自然と痛みが改善していくでしょう。

 

10分間でもいいから意識してみる

 

いきなり毎時間、背筋をS字のように意識して座るのは、慣れていないときついでしょう。そこで、毎日10分間でもいいので、続けてみるようにします。たった10分間だけでも、骨盤矯正に効果的です。

 

最後に

 

いかがでしたか。
毎日10分でも、美しくて正しい座り方が実践できれば、骨盤のゆがみも自然ととれてきます。