クリーン発酵(株) & クリーンユーキ(株)
会社概要 事業案内 工場設備 お問合わせ トップページ



我々は、廃棄物(汚泥)を単に処理するだけでなく、
いかに有効に利用し、それを資源として再生させる
ことに注目し、ここに汚泥リサイクルシステムを考
えました。
このシステムは様々な汚泥(浄化槽、農村集落排水・
下水道・工場排水)で処理された脱水ケーキを、有機
肥料(コンポスト)の原料として再生させ、有機肥料
製品として土壌へ 還元するシステムです。
かげがえのない美しい自然と、快適な環境を
守り続けるために・・・。
安全で二次公害のない循環型社会をめざします。
 
   「廃棄物」を資源に  

  排水処理事業は年々拡大整備されています。しかしその反面、水処理の過程で発生する汚泥も急激に
 増大しており、その処理については困難をきわめています。当社は、この処理の困難な汚泥をいかに有
 効に活用できるかということに注目し、それを資源として再生させることに成功しました。
 
   バイオテクノロジーによる汚泥発酵処理  

  し尿汚泥、浄化槽汚泥、食品汚泥などの汚水処理からでてくる汚泥には、多量の有機物と水分が
 含まれています。これが汚泥の始末を困難にしている原因ですが、逆にその特徴を生かすこともで
 きます。当社の微生物による汚泥の発酵処理は、汚泥に含まれる有機物と空気中の酸素を微生物に
 与えて発酵させ、そのとき発生する熱によって汚泥の水分を蒸発させるという方法です。したがっ
 て複雑な施設も必要とせず、エネルギー消費もごくわずかであるという経済的な技術であるうえに、
 処理された汚泥は、良好な肥料として土壌に還元されるという一石二鳥の技術です。
 
 
   土は死につつある  
    大量の科学肥料と農薬を使った現代農業から、おこるべくしておこった地力低下、毒物残留などの
 問題に対する反省から土壌作り農法が見直されています。もちろん科学肥料も農薬も有効ですが万能
 ではありません。植物の生育には、光、水、空気、生物、無機物が必要ですが、現代農業では、光、
 水、空気、科学肥料としてN、P、Kのみに注目し、生物の役割を忘れがちでした。しかし、水中や
 土中にいる微生物が、実はこれらの科学肥料を植物の栄養に変える働きをしているのです。したがっ
 て土壌作りのために有機物を投入するだけならば、それを消化する微生物が土中の酸素を消費し、炭
 酸ガスなど有害ガスを発生させる結果になります。
 
   土を再び蘇らせる  
    農業に必要な有機物は、微生物による発酵が完了し、土中の酸素をこれ以上消費しない状態のもの
 です。植物が吸収する酸素は、微生物が炭酸同化作用によって水中に酸素を溶解させ、それが土中に
 浸透したものです。この酸素をつくるのも有機物を分解するのも全て微生物ですが、科学肥料や農薬
 はこの有用な微生物も死滅させる危険性があります。これからの農業は、科学や技術がもたらす力を
 適切に利用し、本来の土壌を回復させなければなりません。それが、作物の増収、そして農業の利益
 につながります。
 

Copyright(C) 2003 クリーン発酵株式会社, All rights reserved.